自宅でできる腸内フローラ解析「痩せ菌チェック」販売開始

ニュースリース

ウンログ株式会社
2016年4月1日

自宅でできる腸内フローラ解析「痩せ菌チェック」販売開始

 

国内最大の観便アプリ『ウンログ』(50万ダウンロード)を運営するウンログ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田口敬、以下「ウンログ」)は、2016年9月18日より自宅でできる腸内フローラ解析「痩せ菌チェック」の販売を開始しました。

 

『ウンログ』とは

『ウンログ』は、観便による体調管理を毎日行うことで、自然と健康意識が高まるヘルスケアアプリです。2012年7月のリリース以降、毎月1万人づつ利用者が増え、現在50万ダウンロードと、国内最大の観便アプリとなっております。利用者は女性が中心で、美容・健康の意識が高い方が多く、便秘対策やダイエット、体調管理を目的に『ウンログ』を日々利用いただいています。2016年4月には、NHK「あさイチ」で紹介されるなど、メディアでも話題となっております。

『ウンログ』紹介ページ -ウンログ-
 

クラウドファンディングの先行発売で大好評

2016年5月にクラウドファウンディングで「痩せ菌チェック」を先行発売しましたところ、大好評につき当初目標の277%で達成となりました。

痩せ菌チェックでは、腸内フローラの検査と共に、生活習慣のアンケートも行なっており、検査を受けられた方へ、次のことを報告します。

  • 自分の腸内に何菌がどれくらいいるか分かる
  • 体質(太りやすさ・肌など)が分かる
  • 生活習慣のアドバイスがもらえる

など。今後、研究が進んでいくと、報告内容もより充実していく予定です。
 

2016年内に3,000人。2017年には3万人。

『ウンログ』の50万人の利用者に向けて、一般の腸内フローラ解析「痩せ菌チェック」の案内を強化。法人向けには、従業員健康増進を目的とした腸内フローラ解析サービスの提供し。また、パーソナルトレーナーや管理栄養士など、健康サービスを提供しているプロフェッショナル向けには、クライアント健康増進を目的とした腸内フローラ解析サービスの提供するなど、年内に、3,000人。2017年には3万人の検査を目指します。
 

創薬やドラッグリポジショニングへの貢献

蓄積した腸内フローラ情報を、人類の健康のために最大限活用できるよう、製薬企業や病院、大学などとの共同研究を推進していきます。

また、日本の腸内細菌研究に役立てるよう、大量の腸内フローラ解析を通じで得られた統計情報などは、ウンログサイトなどで、随時公開していく予定です。

 

【会社概要】

社名 ウンログ株式会社
URL http://unlog.co.jp
設立 2013年8月8日
代表取締役 田口 敬
事業内容 ヘルスケアアプリの開発・運営
ヘルスケアメディアの運営
健康食品販売
腸内フローラ解析