聖路加国際大学との共同開発ReseachKitアプリ「Baby うんち」リリース

ニュースリリース

ウンログ株式会社
2016年9月29日

聖路加国際大学との共同開発ReseachKitアプリ「Baby うんち」リリース

Baby うんち

50万ダウンロードのヘルスケアアプリ「ウンログ」を運営するウンログ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田口敬、以下「ウンログ」)は、2016年9月29日、Apple のオープンソースフレームワークであるResearchKitを使用して、胆道閉鎖症の早期発見のための赤ちゃんの便色判別機能を備えたアプリ『Baby うんち』をリリースしました。(提供元は聖路加国際大学)

このアプリを使用し、生後2週間から1か月の赤ちゃんのうんちの色の変化を観察することによって、生まれつき又は生後間もなく肝臓と腸をつなぐ胆管がつまり、肝臓で作られた胆汁が腸に流れなくなり放っておくと肝硬変や肝不全になってしまう胆道閉鎖症(新生児の1万人に1人の割合で発症)の可能性の有無の判別が可能となることを目指しています。

 

関連リンク

『Babyうんち』ダウンロードページ – AppStore -
『Babyうんち』紹介ページ – ウンログ -
胆道閉鎖症の早期発見のためのiPhoneアプリ『Babyうんち』を開発 – 聖路加国際大学 -
 

会社概要

社名 ウンログ株式会社
URL http://unlog.co.jp
設立 2013年8月8日
代表取締役 田口 敬
事業内容 ヘルスケアアプリの開発・運営
ヘルスケアメディアの運営
健康食品販売
腸内フローラ解析