会社案内COMPANY

すっきり革命を起こす

はじまり

うんち記録アプリ「ウンログ」は、2012年7月にリリースされました。
便秘や下痢に悩んでいた代表取締役・田口敬が、自分のうんちをチェックして、スマートフォンで簡単に体調管理できるものがあればいいなという想いから開発をはじめました。プログラミングとデザインを0から学び、会社勤めの傍ら1年半をかけて完成したアプリです。

アプリリリース後、ユーザーのフィードバックを一つずつ対応していくと、自然とユーザーが増え、1年で10万人に利用されるまでになり、2013年に法人化しました。

今、目の前のあなたをすっきりさせたい

ウンログは、事業計画や経営目標がありません。なぜなら、計画は立ててもその通りにいかないからです。餅の絵を描く時間があるならば、今、目の前でうんちのことで困っているユーザーをすっきりさせたい。私たちは、そんな想いでサービスを提供しています。

これまで、ウンログは「困っていることをすっきりする」サービスを展開してきました。
「ウンログ」ユーザーの、「すっきりする方法を知りたい」というフィードバックから、すっきり情報を発信するメディア「ウントピ!」を、「自分の腸内フローラを知りたい」というフィードバックから、自宅でできる腸内フローラ検査「キンログ」を、ローンチしました。また、聖路加国際大学からは「赤ちゃんのうんちを画像解析をしたい」というご相談を受け、胆道閉鎖症早期発見アプリ「Babyうんち」をローンチしました。

これからも、みなさんがすっきりする世界を目指します。

最速ですっきりを提供します

私たちは、目の前で困っているユーザーやクライアントを”できるだけ早く”すっきりさせるために、スピードを重視しています。すっきりを実現するためには、最短の手段を選びます。

ウンログのメンバーは全員がクリエイター。デザイナーがプログラムをすることもあれば、プランナーがデザインをすることもあります。スピードを重視するために、最も効率の良い方法を選択できるメンバーが揃っています。

ここにうんちがあります

ここにうんちがあります。うんちからわかることはどれだけあるでしょうか?うんちで一体どんなことが解決できるのだろう?ウンログでは、常にそんなことを考えています。

こういう食事をすると便秘が解消する
こういう運動をすると大量に出る
こういう睡眠をすると蠕動運動が良くなる
こういう腸内細菌がいると抗肥満効果がある

うんちは、さまざまな課題を解決するヒントを与えてくれます。そのヒントを使って、ウンログは世界中をすっきりさせ、うんといい世界を目指します。

沿革

2012年 アプリ「ウンログ」をリリース
2013年 じぶんラボ合同会社(現:ウンログ株式会社)設立
2014年 ドコモ・イノベーションビレッジ第3期DEMO DAY優勝
2015年 アプリ「オハログ」を帝人とリリース
アプリ「ウンドッグ」をリリース
腸内フローラ解析によるアスリートのパフォーマンス改善を目的に、AuB株式会社を設立
2016年 アプリ「Babyうんち」を聖路加国際大学とリリース
「腸内フローラ検査」サービスを販売開始
2017年 キャピタルメディカベンチャーズより資金調達
2018年 ファミリーマートで「サラダスムージー」を販売開始

 

会社情報

社名 ウンログ株式会社
設立 2013年8月8日
代表
代表取締役 田口敬

Photo : Junichirou Kibe
代表取締役 田口 敬

1983年東京都出身。2006年日本大学理工学部航空宇宙工学科卒業後、3社で営業を経験し、2011年WEBメディア企業へ入社。在職中に0からプログラミングを勉強し、2012年7月にうんち記録アプリ「ウンログ」をリリース。1年間で10万DLを達成し、2013年8月にウンログ株式会社の前身であるじぶんラボ株式会社を設立。代表取締役として現在に至る。

本社 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー107
TEL 03-6276-5587