ウンログ

50万ダウンロードのうんち記録アプリを運営するウンログ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:田口敬、以下「ウンログ」)は、病院経営・運営受託を行うキャピタルメディカ株式会社(本社:東京都港区、代表:古川淳、以下「CM」)の100%子会社で、ヘルスケアベンチャーの投資育成・事業開発企業の株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表:青木武士、以下「CMV」)より、2017年4月、資金調達しました。

スクリーンショット 2017-05-18 1.52.01

「うんといい世界へ」のために

ウンログは、健康のバロメータ(体のお便り)であるうんちから得られる情報を活用し、人々の健康に役立てることで「うんといい世界へ」を目指しています。50万ダウンロードを達成したうんち記録アプリ”ウンログ”の提供、うんちにまつわる情報メディアの運営、聖路加国際大学とのアプリ共同開発、などを行ってきました。2016年には、日本屈指の腸内細菌研究者と共に、腸内フローラ検査サービスを共同開発し、提供開始。

ウンログ社の提供するアプリウンログ。50万ダウンロードを突破し、ユーザーの90%以上を女性が占める。

CMグループの全国38の病院・高齢者施設と連携し、腸内フローラの研究フィールド提供

ウンログは、腸内フローラ検査サービスの提供開始後、50万人のウンログアプリユーザーと腸内フローラ検査を活用して、複数の大手食品・製薬企業、大学との共同研究を実施して参りました。そして、今回のCMVからの出資、事業提携を機に、CMグループが保有する全国38の病院や高齢者施設を腸内フローラの研究フィールドとして、大学や食品・製薬企業、腸内フローラ関連サービス企業へ提供を開始致します。

【腸内フローラ(腸内細菌叢)とは】

腸の中には100兆個以上もの腸内細菌がいます。それらの腸内細菌の集まりのことを腸内フローラ(または腸内細菌叢)といいます。腸内フローラは、人体への影響の大きさや、遺伝子解析技術の発達、低価格化により急速に研究が進んでいます。腸内フローラは個々人によって異なり、保有する腸内細菌により、食事による栄養素の吸収や、薬の効果に違いが出ることがわかってきました。腸内フローラ研究への期待は大きい一方で、研究に必要な便サンプルや、実験設備、バイオインフォマティシャンなどのリソース不足により、研究の遅れが懸念されています。

【キャピタルメディカ・ベンチャーズとは】

全国38の病院・高齢者施設を運営する株式会社キャピタルメディカの100%子会社。ヘルスケアベンチャーの投資育成と事業開発を行う。グループ病院をテストフィールドとすることで、現場に則した事業PDCAを実現し、支援先企業のイノベーションを加速させます。

スクリーンショット 2017-05-18 2.01.38

【関連リンク】

ウンログ
腸内フローラ検査
法人向けマーケティング支援
腸内フローラ研究会#1 6/23開催「腸内フローラ研究の最新動向と、健康寿命延伸について」