よく検索されるキーワード

[wp-frequently-searched-words class="glSearch-list" limit="10"]

何本でも食べれちゃう♪「オクラのキムチ漬け」

2017-08-29
リンク

発酵菌と腸内細菌のエサになる食べ物を同時に食べることを「シンバイオティクス」と呼びます。今回は、乳酸菌がたっぷりの「キムチ」と、腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維でうんちを柔らかくする「オクラ」を合わせたピリ辛腸活レシピです。

水溶性食物繊維は、うんちを柔らかくする効果も期待できますよ!

連載「しおりのでるでるクッキング 」

記事一覧をみる

材料(2人前)

オクラ 1パック
キムチ 200g
ごま油 適量

作り方

  • オクラのヘタとガクを取り除き、表面のうぶ毛を塩でこすりながら取る。
  • 塩をつけたまま、沸騰した湯でオクラを1〜2分ほど茹でたら、ザルにあげて冷ます。
  • フリーザーバッグにキムチとオクラ、ゴマ油を入れ、よくなじませてから冷蔵庫で一晩冷やす。

オクラのキムチ漬けは、1人分でおよそ4gの食物繊維が含まれています。その量はレタス1玉分以上に相当!

食物繊維に加えて乳酸菌もとれるので、腸内細菌のバランスを整える効果も期待できます。

うんちの色が黒い、臭い、量が少ない、硬い人はぜひ試してみて!

この著者の他の記事を読む

似た腸活キーワード

関連記事

Facebook Twitter リンク

ページトップへ戻る